賃貸では隣との間取りで音が異なる

賃貸において、隣の間取りで音の仕方がわかります。音がしにくい間取りになっているところを探します。

賃貸では隣との間取りで音が異なる

賃貸では隣との間取りで音が異なる

ワンルームマンションでは同じような部屋が並んでいることがあります。中を見るとだいたい同じ間取りになっています。そうすることで安く建てられるようにしているのでしょう。その中でも少し工夫いているところもあります。玄関がくっついている構造のところがあります。玄関はついてるのですが、中の居室部分はくっつかないようにされています。収納どうしが壁を挟んでくっついているのです。トイレ同士が付いていることもあります。

賃貸物件において、情報としては実際に住むことになる物件の間取りしか知り得ないことになります。でも、これから住むことを考えるならもう少し情報を集めるようにします。隣の部屋の間取りがどうなっているかです。居室同士が隣り合えばどうしても聞こえやすくなります。そうならないような工夫がされているかです。ちょっとした工夫がされているかどうかになりますが、されていれば住み心地もだいぶん良い所と言えるでしょう。

上階の間取りなども聞くようにしたいです。上階の場合は同じようになっていると思いますが、居室の上にトイレがあったりするとその音が響くことがあります。トイレの上にはトイレが音がしにくい間取りの形になります。